2017/02/19

■「冷遇ガール」つれづれ

≫俳句という鵜飼 「冷遇ガール」をめぐる中島憲武✕三島ゆかりの対談
https://togetter.com/li/1081868

文意と意味は(ここで厳密に用語するわけではないですが)、別のことでしょう。

文意の了解性がきわめて低い句、それはたくさんあります。でも、意味をまとっていないわけではありません。

ヘンな(またヘタな)喩えですが、シュールリアリスムの絵には、色もかたちも、ある。

と、ややこしい(けれども本質的な)話とは別に、「ガール」含みの句はそれほど多くない。

やはりこれを挙げておかないと。

退屈なガソリンガール柳の芽  富安風生『十三夜』(1937年)

ちなみに当時の自動車保有数はトラック、バス、二輪車を含め、21万台強。現在(8000万台強)台の約400分の1。って、俳句と関係のないとこに興味が行っちゃったけど、意外に多くないですか。昭和12年で。その普及数なら。

http://nakaco.sblo.jp/article/41535922.html

2017/02/16

▼歌仙:自転車の巻

突然ですが、歌仙を始めます。

石原ユキオさんから発句をいただきました。

自転車で空港へゆく日永かな  ユキオ
  東南東の風をおでこに  天気
黒猫は麻雀卓をぬけだして  牟礼鯨
  洋梨パイの焼き上がる頃  夜景
月代を盛るにはうすい玻璃の皿  りえ

どなたか、この歌仙に参加しようという方、コメント欄に、第三句をお願いします。発句・脇句のやりとりから離れ(場所や時間、雰囲気をひきずらず)、無季、「て/にて/らむetc」止めで、第四句以降に向けて勢いをつけてください。

付句とは別に参加表明だけも歓迎です。

なお、ルールは緩いです。わたくしめの捌きはいいかげんです。愉しければ、それでオッケー。

打越その他、参考サイト↓
http://www.asahi-net.or.jp/~xl4o-endu/rule.htm



動画は適当に換えていきます。



2017/02/15

【お知らせ】2月のくにたち句会

2017年2月26日(日)14:00 JR国立駅改札付近集合

句会場所:ロージナ茶房(予定)。

席題10題程度

句会後の飲食もよろしければどうぞ(会費アリ)


初参加の方は、メールtenki.saibara@gmail.com)、電話etcでご一報いただけると幸いです。

問い合わせ等も、上記メールまで。

2017/02/13

■梅のこと

咲くまでの梅を不思議な木と思ふ  正木浩一


梅の句といって、咲いている句よりも、この句を思い出すのは、なぜだろう。

梅は、老木の洞を見つめたり、枝ぶりを眺めたり、木も飽きない。それは、もともとそうなのか、この句を知ってからなのか。わからないけれど、おそらく後者。


掲句は『正木浩一句集』(1993年/深夜叢書社)より。



2017/02/11

■チャーハンは早春の感じです

チャーハンも得意種目であります。

食べ物の記事が3日続きましたが、すでに末法の世なので、問題ありません。